2020年12月18日~19日 アイスクライミング講習会 夏沢鉱泉/アイスギャラリー

夏沢鉱泉アイスギャラリーに行ってきました。

夏沢鉱泉は通年営業の温泉付きの山小屋。

というか、料理もおいしくサービスはもはや旅館の域です。

強烈な寒気のおかげで氷瀑は寒かったですが、宿ではぬくぬくと暖まりました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、山、屋外、自然
夏沢鉱泉の前からは北アルプス/槍ヶ岳が見えます。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、屋外、自然
G3のF1で足慣らし。アイスクライミング初めての方の講習にはちょうど良いです。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、靴、屋外、自然
フォローで登ってF2へ

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、屋外、自然
F2です。立派に凍ってました。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然
G4はイマイチ薄かったです。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、雲、植物、雪、屋外、自然
アイスギャラリーの沢の合間からは西天狗岳が見えます。

今年は冷え込みが激しいのでアイスクライミングには良いシーズンです。

2020年12月12日~13日 八ヶ岳アイスクライミング講習会

アイスクライミング初めに、赤岳鉱泉に行ってきました。

結氷はまだイマイチで、登れる激混み。

ジョウゴ沢と大同心沢での練習となりました。

今年もこの季節となりました😊

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、木、屋外、自然
赤岳鉱泉へアプローチ。大同心はまだ黒かったです。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
アイスキャンディーは一部出来上がってました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
ジョウゴ沢。薄かったですが、なんとか。

画像に含まれている可能性があるもの:山、屋外、自然、水
翌日は大同心沢の結氷している氷で練習。
大滝はやわいつららの集合体で、もう少しという感じでした。

また、氷の季節がやってきました。

今シーズンは冷え込みが早いので、アイスクライミングは当たり年です。

2020年12月10日 丹沢/広沢寺・クライミング講習会

冬のバリエーションルートに向けての、アイゼントレーニング/クライミング講習会でした。

12月なのに、丹沢はまだ紅葉でした。

やはり、相模湾に面している山、暖かいです。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
まずはクライミングシューズで

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然
そしてアイゼンでクライミングです。アイゼンはスメアリングはあり得ないので、フロントポイントを岩に決めたら踵を動かさないのが上手く登るコツです。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、花、屋外、自然
12月に入ったのに、こんなに見事な紅葉でした。

2020年12月4日~5日 八ヶ岳/天狗岳登頂

雪山初めで北八ヶ岳は天狗岳へ。

しかし雪は少なかったです。10月に降った雪は全て溶けちゃいました。

黒百合ヒュッテのビーフシチューは美味でした。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
渋の湯から入ります。北八ヶ岳の森は本当に美しい。

写真の説明はありません。
久しぶりの黒百合ヒュッテ。帰ってきた感じ。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
ここのビーフシチューは本当においしいです。山小屋でこのクオリティは驚き。パンもちゃんと軽くトーストされてます。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、屋外、自然
初日は中山峠から中山までアイゼンならし。天気もよく、明日目指す天狗岳がくっきり。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
翌日は天狗岳を目指します。まずは中山峠へ。朝日がまぶしい。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、山、植物、屋外、自然、水
雪がない~~

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、木、屋外、自然
東天狗への斜面。朝日が昇っていきます。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然
東天狗の頂上。吹くときにはとても風の強いエリアですがこの日はとても穏やか。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然
西天狗岳も登りました。唐沢鉱泉から上がってきた方々もいらっしゃいました。

雪は少なかったですが、良いアイゼンならしとなりました。

いよいよ、冬のシーズンになります。

2020年11月23日 裏妙義山縦走

当初、北八ヶ岳で冬山入門講座の予定でしたが、雪が無くて中止。

結局三連休はずっと妙義山となりました。

最終日は裏妙義。

また、丁須の頭を登りました。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然
少し遅めの出発でずらしたつもりが、丁須の頭はこの混雑。順番待ちです。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然
トンカチのてっぺんから、上信越道方面。なんだか郷愁を誘う山並みに感じる。里山の雰囲気があるからでしょうね。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、屋外、自然
隣のピークから。トンカチはやっぱり奇岩ですね~。あの上に立ちました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、自然
裏妙義第二の核心、チムニー下り。慎重に。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然
赤岩あたり。紅葉が綺麗です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然
巡視道

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然
午後の長い日に美しく紅葉が映えます。お見事!

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外
この桃色のような淡い紅葉はメグスリの木?

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、山、雲、屋外、自然
反対側は表妙義

やはり妙義山は面白いです。秋は西上州の季節ですね。

2020年11月21日~22日 表妙義山・裏妙義山縦走

錦繍の妙義山に行ってきました。

初日は表妙義山。逆コースで中之岳神社から鷹戻しを越えて堀切まで。

二日目は裏妙義山。丁須の頭から三方境まで縦走しました。

紅葉が、それは見事でした。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
中之岳神社を上がっていくと、見事な紅葉!

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、自然、屋外
中之岳の中腹から秩父方面。秋晴れです。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
岩稜が続いていくので慎重に。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、屋外、自然
チェーンはありますが全体重はかけずに単なる手がかりとして使用します。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
堀切から中間道を妙義山神社まで戻ります。途中、可愛い石仏が。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
翌日は裏妙義山へ。朝日に透ける紅葉の谷を上がっていきます。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然
途中から岩場が出てきます。簡単ですが慎重に。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然
秋のシーズン、丁須の頭は結構混んでます。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然
三方境から巡視道を国民宿舎へ戻ります。紅葉が見事!

良い温泉と美味し食事の旅館に泊まりながら、2日間錦秋の妙義山を楽しみました。

秋の西上州は良いですね。

2020年11月14日~15日 乾徳山/頂上側稜、鶏冠山/鶏冠尾根

八海山の予定でしたが、上部は雪に覆われてしまったとのことで、急遽乾徳山と鶏冠山へ。

両日ともすばらしい天気に恵まれ、錦秋のクライミングでした。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然、水
乾徳山はところどころ一般道を外れて岩登りをしながら。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、屋外、自然
簡単、手ごろで楽しい岩登りが続きます。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然
頂上直下から一般道を外れてバリエーションルート。側稜へ向かいます。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然
頂上側稜はこんな感じ。Ⅲ程度30m弱で簡単です。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然
とはいえ、慎重に。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、屋外、自然
乾徳山山頂!

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
土曜日は塩山温泉に泊まって、翌日は西沢渓谷へ

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、屋外、自然、水
鶏冠尾根第2岩峰。結局、今年はたくさんここに来ました。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然
鶏冠山山頂から三富方面。かすみがかった青空。

乾徳山も簡単なクライミングで岩登り初心者には楽しいルートです。

沢山通った鶏冠山も今年はこれで終わり。
また来年!

2020年11月13日 丹沢/広沢寺・クライミング講習会(マルチピッチ編と入門編)

広沢寺クライミング講習会。

AMはマルチピッチとアイゼントレ、PMはクライミング初めての方の入門講座でした。

ロープワークの基礎をしっかり確認して、まずは1ピッチ分だけでマルチピッチシステムを確認します。

何本か登ったら2ピッチを繋げて登攀。弁天岩のてっぺんまで。

なんと弁天岩のてっぺんにカモシカが居ました。どこにいるか解りますか?20年以上通ってますが、ここでカモシカを見たのは初めて。

マルチピッチ講習はAMで終わり。おひるごはんを食べて午後に岩場に戻るとこんなに盛況!

ちょうど紅葉が見事でした。丹沢山麓は11月中旬からですね。

入門講習。ロープの基本的な結び方やビレイシステムの確認をして簡単なピッチから登ります。

岩場が空いてきたので初級ルートをトップロープで反復練習。

そして冬季バリエーションルートに向けてアイゼントレーニング。

アイゼンでも上まで登ります。岩場上部の紅葉が美しい!

アイゼントレも含め、冬シーズンに向けた良いトレーニングでした。

2020年11月7日 丹沢/塔ノ岳・大倉尾根

大倉尾根を塔ノ岳まで往復。

たまには歩き系もやります(^^)

久しぶりに大倉尾根をしっかりあるいて新鮮でした。

地元神奈川の山、原点の山です。

雨上がりの青空。大山方面

堀山の家はたくさん人が立ち止まって休んでました。

年と共に崩落場所も増えているような・・・

花立への長い階段

花立の小屋。かき氷はもうなかったかな

塔ノ岳山頂。無事登頂!

渋沢の駅前で打ち上げ。相模湾の海の幸は絶品でした

いつもは沢登の下山にしかつかわない大倉尾根。

しっかり歩いたのは何年ぶりかでしたが、長さもありアルプスを歩く体力を養うには良い尾根です。

今後もずっとお世話になる尾根です

2020年11月3日 表妙義山縦走

高所が冬支度でクローズとなり、西上州の季節がやってきました。

表妙義山へ。

妙義神社から白雲岳、相馬岳まで縦走し、タルワキ沢から下山しました。

妙義神社。日光東照宮を思わせる煌びやかな門です。ここからスタート。

前日までの雨で岩場は濡れていました。チェーンもありますが、慎重に。

白雲岳の岩壁

雨上がりの雲が美しく動いてました。

ビビり岩。高度感も露出感もあって迫力です。

大のぞきからの長い下降。チェーンはしっかりしていますが、慎重に降りていきます。

相馬岳へ。ここで昼食。

悪いタルワキ沢を降り、中間道を妙義神社まで戻って終了。無事岩稜を走破しました!

妙義の岩稜はチェーンがなければそれなりのグレードが付くピッチばかり。

一定の技量が必要です。