8/10-11 黒部源流/赤木沢 沢登

山の日の三連休は黒部源流の赤木沢に行ってきました

本邦随一の美渓だけあって、息を呑むほど綺麗でした。

真夏の最高の天気に恵まれて全員無事完登でした

 

折立登山口から入ります。お盆の入りだけあって、たくさんの登山者で賑わってました。

太郎平への道は大混雑でした。

 

森林限界を越えると、夏の青空が広がって気持ちの良い道です。

 

汗だくになって太郎平に着きました。

太郎ラーメンで英気を養います。行者ニンニクが美味しかった!

 

太郎平から薬師沢を降ります。エメラルドグリーンの沢を何度か徒渉していきます。

 

img_20190810_142749

今日の宿、薬師沢小屋につくと、とにかく暑くて黒部川本流に飛び込みました。

水が冷たく、火照った身体が気持ちよく冷えました。

 

img_20190811_052537

翌日は朝4時に小屋を出発。黒部川本谷を遡行していきます。

 

徒渉したり、へつったり、軽く高巻いたりしながら黒部源流を行きます。

 

 

img_20190811_053148

1時間半ほど進むと、赤木沢出合の目印の滝が現れます。

 

img_20190811_053449

赤木沢の入口はせまくややゴルジュっぽくなっています。左岸をへつってクリアします。

 

img_20190811_053730

ゴルジュを抜けると沢幅が広がり、美しい渓流が始まります。

 

img_20190811_054112

最初の滝。左側を簡単なクライミングで越えます。

 

img_20190811_054210

美しい釜。

 

とにかく美しい渓流が続きます。

 

美しいナメの中を行きます。絶景!

 

img_20190811_061952

たまに少し難しい滝がでてくるので、ザイルを伸ばします。

 

陽が高くなると、谷の中にも夏の陽射しが入り、水が輝きます。

 

次々と変化する渓相が見事です。

 

暑くなってきたので、ゴルジュ状の中を行ったり、滝は流心に近いところを登ったり。

 

img_20190811_071652

まだまだ美渓が続きます。稜線が見えるようになってきました。

 

img_20190811_073732

赤木沢大滝。水量も多く、見事でした。右側を巻いていきます。

 

img_20190811_080243

大滝の落ち口。

 

img_20190811_080810

大滝を越えると一気に水量が減り、源頭部の様相になります。

 

img_20190811_081657

源頭部も美しい廊下が続きます。

 

img_20190811_085042

源頭部を抜けると、美しい草原が稜線まで続きます。高山植物が綺麗でした。

 

藪漕ぎもなく、快適なツメです。

 

img_20190811_085918

雪渓も残ってました。

 

img_20190811_090613

稜線近くまでくると、黒部五郎岳も見えてきます。

 

img_20190811_092734

気持ちの良い草原を抜けて登山道へ。今回は一番左の沢を詰めたので、黒部五郎岳と赤木岳のコルに出ました。赤木岳を目指します。

 

img_20190811_093910

赤木岳直下は遡行してきた赤木沢が眼下に続きます。

 

北ノ俣岳を越えて太郎平小屋へ。帰りはネパールカレーをいただきました。

台風が近づいているので、午後になると雲が広がってきました。

 

img_20190811_152550

灼熱の登山道を下って折立登山口へ。

心地よい達成感!皆さん良い笑顔です。完登おめでとうございます!

 

暑い夏の沢登は最高です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中