5/3-5 北アルプス/前穂高岳/北尾根

GWの定番、前穂高岳北尾根を登ってきました。

グラビアなクラシックルートの定番ですが、この時期は雪壁ありリッジありで変化に富んでいて面白く、やはり名ルートとでした。

絶好のコンディションで絶景も堪能できました。

 

img_20190503_082641

上高地から入ります。清水川はいつ見ても美しい。

明神、徳澤、横尾を通っていきます。

今年は3月末から4月に雪が降ったので、残雪が多かったです。

 

屏風岩を見ながら横尾谷を進みます。本谷橋あたりから夏道を離れ、雪渓の谷沿いを行きます。

 

img_20190503_134301

雪の谷を抜けていくと、奥穂高岳が目の前にそびえてきます。涸沢が近い。

 

img_20190503_143011

涸沢はテント約130張!小屋も満室だったようです。

 

img_20190504_050054

翌日は朝日が穂高の稜線を照らす頃に出発。左は奥穂高岳、右が涸沢岳です。

 

img_20190504_064418

Ⅴ・Ⅵのコルを目指します。ちょうどコルの向こうから朝日が上がってきます。

 

img_20190504_064740

Ⅴ・ⅥのコルからまずはⅤ峰を目指します。朝日のリッジを行きます。

 

img_20190504_074018

簡単な岩登りでⅤ峰を越えると、Ⅳ峰がそびえます。Ⅳ峰は雪壁登りあり、ワンポイント悪い岩登りあり、変化に富んでいて面白いです。

 

img_20190504_075545

北尾根を振り返ります。遠景は常念岳と大天井岳。

 

img_20190504_084131

Ⅲ峰はクライミングピッチが続きます。ザイルを伸ばして登ります。

 

この季節の北尾根は雪壁あり、岩稜ありで変化に富んでいて楽しいですね。

 

すっかり朝日が昇ったⅢ峰を登り切って、Ⅱ峰へ。

Ⅰ・Ⅱのコルへは懸垂下降で降ります。雪壁も下れそうでしたが、際どいので懸垂下降しました。

 

img_20190504_121143

頂上への最後の稜線。奥又白側に雪庇が発達しています。

 

無事登頂!

穂高連峰から槍ヶ岳まで、蒼い空に映えます。

 

下山は奥明神沢をガシガシと下ります。

夏より全然早く、1時間かからずに岳沢小屋まで降りてしまいました。

 

img_20190504_152531

岳沢小屋で一休みして、上高地へ。

岳沢湿原ではいつもと違わない美しい流れに癒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中