2022年5月29~30日 前穂高岳/北尾根

GWを過ぎると、7月まで北アルプスは登山者が激減します。

残雪が色濃く残り、まだ一般道は登ることができません。

経験と技術、ルートファインディング力が必要な難易度の高い季節。

そのおかげでとても空いているので、快適な山旅が楽しめます。

上高地は初夏の様相で、ニリンソウが咲き乱れてました。

徳澤でコーヒーソフトを食べて、横尾から涸沢に向かうと途中から雪道になります。

アイゼン、ピッケル必携です。

涸沢では快晴のなか、まずは入山祝い。

翌日の完登を祈念して。

アタック日は未明に出発ですが、この時期は陽が長いのですぐに明るくなります。

雪がある分、ⅤⅥのコルまでは雪壁を上がっていくので早いです。

ⅤⅥから先は夏とほぼ変わらないドライ。

でも、頂上はまだ濃い雪の中でした。

この時期の穂高は、静かなのでおススメです。

ただし、経験と技術がないと、痛い目にあいますのでご注意。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中