ブログ

2020年2月1日~2日 八ヶ岳/赤岳鉱泉アイスキャンディフェス・硫黄岳登頂

先週末は赤岳鉱泉のアイスキャンディフェスのイベントでヤマテンの猪熊さんによる観天望気登山にガイドとして参加してきました。

快晴で雲は少なかったけど、猪熊さん流石の解説で勉強になりました

一日目の夜は猪熊さん、富山県警山岳救助隊の竹内さん、ピオレドール×2の平出さんの熱い講演もあり、花谷さんアイスクライミング実演のプロジェクションマッピングあり、またいろいろな方に会えて楽しく呑んだくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、雪、山、屋外、自然

いつもの柳川北沢、堰堤広場から。

八ヶ岳ブルーが広がります。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然

アイスキャンディフェス直前の静かなアイスキャンディと大同心。

八ヶ岳ブルーに映えます。

画像に含まれている可能性があるもの:空、自然、屋外

初日はヤマテンの方々とジョウゴ沢で遊びました。

んが、F2が埋まっていて、奥まで行く時間はなかったので埋まりかけのF1をほじくり返して登りました・・・

アイスクライミング初めてのヤマテン新人予報士さん!

楽しんで登られてました。

写真の説明はありません。

夜まで様々なイベントで盛沢山。

プロジェクションマッピングの中、アイスキャンディを登る花谷さん。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、木、空、屋外、自然

翌日は猪熊さんの雲見山行で硫黄岳へ。

要所要所で天気の知識の講習を受けながら、硫黄岳を目指しました。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、自然、屋外

森林限界を抜けて、赤岩の頭へ。

紺碧の空に向かって登ります。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、空、雲、屋外、自然

山頂付近は少し風が出てきましたが、終始快晴で素晴らしい眺望でした。

山頂の標にはエビのしっぽがびっしり。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、空、自然、屋外

赤岳、横岳もくっきり。

この日は好天だったので沢山の登山者で賑わってました。

下山後、アイスキャンディフェスのイベント終了間際に駆け込みでアイスキャンディにも上らせてもらい、感謝でした。

楽しい二日間でした。

2020年1月25日~26日 八ヶ岳/硫黄岳

冬山入門コースで、八ヶ岳の硫黄岳に登ってきました

日曜日はやや風もあり霧に覆われた山頂でしたが、無事冬山初めての方も含め全員無事登頂

楽しい冬山旅でした。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然

柳沢/北沢の道も徐々に雪が積もってきました。

漸く本当に冬らしくなってきました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、自然

遠く、大同心がくっきり。

でも、やはり気温は少し高めでした。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、屋外、自然

アイスキャンディも立派に育ってました。

翌週のアイスキャンディカップに向け、準備万端ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然

翌日の硫黄岳はガスが立ち込めていました。

稜線でもご覧のとおり。風がさほど強くなかったので行動できました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、山、屋外、自然

赤岩の頭から頂上を目指して。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然

頂上直下の岩場はエビのしっぽがいっぱい付着してました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雪、山、屋外、自然

硫黄岳山頂。

爆裂口に霧が立ち込めて、なんだか不気味でした。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然

樹林帯に戻ってほっと一息です。

静かな、良い冬山旅でした。

2020年1月18日 八ヶ岳/広河原沢・武藤返しの滝

八ヶ岳広河原沢へアイスクライミングに行ってきました。

当初醤油樽の滝を予定してましたが結氷甘そうなのでまた標高の高い八ヶ岳へ転進。

武藤返しの滝は貸切でみっちり登り込めました。

一般道の無い広河原沢は静かで良いですね。

雰囲気も大好きなエリアです

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、空、屋外、自然

船山十字路は車が10台弱。

今年は標高の低いアイスクライミングエリアが凍らず、八ヶ岳に集中してますね。

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、空、植物、屋外、自然

広河原沢に入ると、積雪はしっかり。

比較的雪の少ない八ヶ岳にあって、このエリアは昔から雪が多い印象です。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、木、屋外、自然

たぶん地形的に吹き溜まるのではないかと想像しているのですが、やはり今年も他のエリアより積雪はある感じでした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、雪、屋外、自然

二俣にはテントが数張。

右俣に入り、出合を右へ入ると氷瀑が現れはじめます。

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、空、屋外、自然

武藤返しの滝へのルンゼ。下部氷瀑。

この日は我々が一番のりでした。

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、植物、屋外、自然

武藤返しの滝。

近づくと、遠望よりは高さがありますが、総じてコンパクトな滝。

初心者向けです。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

この日は終日貸切だったので、右から左へラインを変えつつみっちり登りこめました。

一番左のラインが一番傾斜がきついです。

でも短いので、バーチカルへの練習にはちょうど良いです。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

一本のぼるごとにどんどん上達する感じ。

20本以上登りこんで、腕が上がらなくなって、終了となりました。

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、屋外、自然

そういえば道すがらこのような標識が。

その昔は無かった気もしますが、南稜はバリエーションルートの部類なので注意が必要ですね。

広河原沢は大きな氷瀑はないですが、静かでとても良いエリアです。

2020年1月12日-13日 八ヶ岳/柳沢・南沢小滝、峰の松目沢

南沢小滝と峰の松目沢に行ってきました。

三連休だけあって盛況でしたが、ちょうどタイミングを外せたので存分に登り込めました。

小滝は結氷はやや薄いけど十分、峰の松目沢は全体的にシャバシャバでしたがなんとか登れました

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、空、屋外、自然

美濃戸山荘前の分岐もようやく雪が積もってきましたね。

でもまだ例年より全然少ないですね。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然、水

南沢小滝は氷は薄いですが登るのには十分。

ただ、今年は標高の低い氷瀑が凍っていないので、皆八ヶ岳に押し寄せるので、登られまくって階段状にボコボコでした。

でも、左側は傾斜も立っていて、練習になります。

アイス2回目のMさんも傾斜のきついラインに果敢に挑戦していました。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、屋外、自然

大分安定して登れるようになりましたね。

練習の成果です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、雪、植物、空、屋外、自然

赤岳山荘に泊まり、翌日は峰の松目沢へ。

こちらも薄かったけど、十分登れました。

この日は5パーティー以上、入ってました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

F2を登る先行パーティー

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、自然

F3~F4は薄く水流もありましたが、ラインを選べばなんとか。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

最後のF7も、中央左がなんとか繋がってました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

下山後は八ヶ岳PAで清里カレーを食べました!

ボリューム満点でしたが、疲れた身体に元気が出ます。

ベーコンが美味しかった~

2020年1月4日~5日 八ヶ岳/ジョウゴ沢・裏同心ルンゼ

年始のアイスクライミングはジョウゴ沢と裏同心ルンゼでした。

初日はジョウゴ沢F1F2で練習。氷薄かったですがラインを変えつつ。

裏同心はやはりもう滑滝は埋まってましたが氷瀑はいつも通りでした。

我々がトップだったので一人ラッセルで良い運動でした。

初アイスルートのMさん見事完登でした

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、雪、植物、屋外、自然

柳沢北沢の堰堤広場。

やっと冬らしくなってきました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、雲、屋外、自然

大同心も真っ白でした。

明日はあの基部を目指します。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、雲、屋外、自然

赤岳鉱泉のアイスキャンディも大分立派になりました。

もう全面OKですね。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、木、屋外、自然

ジョウゴ沢F1。

やはり例年より薄い感じです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、屋外、自然

F2にトップロープを張って登りこんでいただきました。

ここも例年に比べたらとても薄いです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

赤岳鉱泉では正月ということでサーモンとイクラが振る舞われ、いつものステーキ陶板での焼き飯に加えサーモンイクラ丼も作っちゃいました。

また、山での医療知識の講習会がありました

勉強になりました。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、空、屋外、自然

翌日は裏同心ルンゼへ。

F1です。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、屋外、自然

F2。

大分雪がかぶってますが、滝の部分はほぼむき出しなので問題なし。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、雲、屋外、自然

F5と大同心。

今回は前夜に降った雪で滝と滝の間が新雪で埋まっており、トップで入ったので最後まで一人ラッセルでした。

いや~、良い運動になりました。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、山、屋外、自然

初アイスルートのMさん見事完登!

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、雪、屋外、自然

大同心は真っ白。

F5上から大同心稜までが雪田となっていて、変化にとんだバリエーションルートとなりました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

美濃戸口の八ヶ岳山荘では新しく入った焙煎機で焼いてもらったコーヒー豆を頂いて帰りました
焙煎度合いは中程度でリクエスト。
ミルで曳いて呑んだら、とても美味しかったです。

2019年12月29日-30日 北八ヶ岳/天狗岳

年内最後の山行は八ヶ岳/天狗岳でした。

暖冬傾向から一転、初日の気温は低め。

風は強かったですが、天気に恵まれ素晴らしい景色に出会えました。

30日は低気圧の影響で一転吹雪。

予定していた硫黄岳は途中まで、風速20m/s超を体感していただき下山しました。

良い登り納めとなりました

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、雪、屋外、自然

夏沢鉱泉への林道。

初日は気温が低く、霧氷がとても綺麗でした。

画像に含まれている可能性があるもの:雪、木、屋外、自然

箕冠山の道標。

今シーズンは異常な寡雪でしたが、ようやく雪が積もってきましたね。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、山、自然、屋外

箕冠山から少し降りると樹林が開けます。

根石岳と西天狗岳。

このエリアは地形的に風が強く、樹林が生えてません。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、山、自然、屋外

八ヶ岳ブルーに聳える根石岳を目指して。

画像に含まれている可能性があるもの:空、山、雲、自然、屋外

根石岳を越えて天狗岳へ。

振り返ると、ちょうど根石岳のてっぺんに太陽が沈むところでした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、山、空、屋外、自然

天気は良いですが風が強いので、皆さんバラクラバをしっかりして防寒です。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、自然、屋外、水

西天狗岳。

太陽が傾き始めた長い光に雲が映えて、幻想的な空になりました。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、山、空、自然、屋外、水

時々、こういった景色に出会いますね。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、山、屋外、自然

霧ヶ峰方面。

この日は根石岳山荘に宿泊しました。

強風が抜ける場所にありますが、10㎝の断熱材のおかげで小屋の中はポカポカでした。

身体も心も緩めて十分に休めました。

翌日は低気圧の影響で吹雪。

硫黄岳をしばらく登り、風速20m/sを体感して途中で下山しました。

良い登り納めでした。

2019年12月21日~22日 八ヶ岳/赤岳

八ヶ岳の赤岳へ登ってきました。

美濃戸近辺から赤岳鉱泉までほとんど雪が無かったですが、上部は冬山でした。

冬季赤岳初登頂のお二人。とても強かったので、このコンディションではノーマルルートもったいないくらいでした。

次はバリエーションですね。

 

img_20191221_130450

北沢の登山道にも雪は皆無でした。

 

img_20191221_133144

堰堤広場もこんな感じです。

まるで晩秋の様相。

 

img_20191221_141822

大同心。

上の方はさすがに冬ですね。

 

img_20191221_144354

アイスキャンディーもまだまだ発達中。

 

img_20191222_072708

赤岳へアタック。

地蔵尾根から赤岳展望荘ごしに赤岳の雄姿。

 

img_20191222_074752

野辺山、清里ごしの秩父連山。

雲から洩れる朝日が空に張り付いているようです。

 

img_20191222_083109

無事赤岳登頂。

お二人とも冬の赤岳は初めてでしたが、とても安定したアイゼンワークでした。

 

img_20191222_084737

下りは慎重に。

まだ雪も少なく、露岩も交じって足を取られやすいコンディションでした。

2019年12月13日-14日 八ヶ岳/夏沢鉱泉アイスギャラリー

夏沢鉱泉アイスギャラリーに行ってきました。

気温が高く水が滴ってましたが十分登れました。

氷は我々だけの貸切で腕が上がらなくなるまで登り込みました。

夏沢鉱泉も快適でした

個室に温かい鉱泉風呂に酒も。

大変お世話になりました&有難うございました。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、空、屋外、自然、水

G3全景。気温が高く、表面に水が流れてましたが登れます。

 

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然、水

G4。上部は氷が薄く岩が透けてます。アプローチに雪は皆無

 

まずはバイルを氷に打ち込む練習です。

この日がアイスクライミング初めてのMさん。

初めてとは思えないほど、すぐに上達しました。

 

その後、トップロープで登る練習。

 

img_20191213_135812

マルチピッチの練習もしました。

 

登り慣れたらF2でさらに登りこみます。

つららへのバイルの打ち方もコツがいりますね。

 

難しめのラインも挑戦。

2日間貸切で、腕がパンパンにパンプするまで登りこみました。

次はマルチピッチアイスですね!

 

2019年12月1日 広沢寺/クライミング講習会

12月にして晩秋の広沢寺でクライミング講習会でした。

冬のシーズンに向けてアイゼントレーニングをみっちりやっていただきました。

丹沢の麓はちょうど紅葉が真っ盛りでした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然

最近はすごく混むので、朝イチで岩場に入りました。

もう12月ですが、紅葉がとても綺麗でした。

やはり丹沢は暖かいですね。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

ビレイの復習と確認。

しっかりと止められるように。

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、木、屋外、自然

トップロープを張るためにクライミングをして振り返ると、紅葉が見事でした。

映えますね。

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、自然

登山靴でクライミングの練習。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外、自然

続いてアイゼン。

冬季バリエーションルートを目指すためのトレーニングです。

前爪をスタンスに決めたら踵を動かさないことが大切ですね。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、子供、屋外、自然

陽が登ると、ぽかぽか暖かかった。

しかしこのころから人が増えて岩場は激混みに。。。

 

本格的な雪のシーズンに向けてみっちり練習して、早めに切り上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月9~10日 上高地(日本山岳ガイド協会講習会)

11月9~10日で日本山岳ガイド協会の訪日外国人対応研修会の講師として上高地に入りました。

朝晩はもう冬の寒さですが、昼間に太陽が昇るとまだ暖かく心地よいくらいでした。

シーズンクローズ間際の上高地は山も木々もホテルも総出で冬支度でした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然

土曜日の朝は霧氷が覆ってました。凍てつく美しさ。

 

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然

岳沢も、すっかり冬支度です。奥穂の頂上には雪が。

でも、前週に乾徳山から見た聖岳、赤石岳、荒川岳の方が雪が多いですね。

今年は異常気象で、冬型がやってこず南岸低気圧ばかりなので、この時期にして南アルプスの方が雪が多い感じです。

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、室内

座学中です。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:木、山、空、屋外、自然、水

昼になると霧氷は溶けてポカポカになります。

まだ晩秋だな、と感じる。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、植物、木、屋外、自然

今年はツキノワグマが多く出没したそうです。

 

 

写真の説明はありません。

サル追いノためのエアガン。

画像に含まれている可能性があるもの:靴

熊スプレー

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、木、屋外、自然

日曜日はアメリカから来たお客様をガイディング。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、空、屋外、自然、水

明神池には久しぶりに入りました。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、山、空、屋外、自然

明神橋と明神岳Ⅴ峰。

 

 

img_20191110_123241

清水川にはカルガモ夫婦が居ました。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ、食べ物

初めて五千尺ホテルでケーキ食べました。美味しかったです。